認定後の届出義務


・現況届:毎年8月1日から8月31日
・手当額改定請求書:対象児童が増えた時
・手当額改定届:対象児童が減った時
・支給停止関係(発生・消滅・変更)届:現在の支給区分が変更になった時
・資格喪失届:受給資格を喪失した時
・受給者死亡届:受給者が死亡した時
・証書亡失届:手当証書を失くした時
・証書再交付申請書:手当証書を破損したり、汚したと時
・氏名・住所・支払金融機関・印鑑変更届:氏名・住所・支払金融機関・印鑑が変わった時
タグ:届出 義務

受給資格喪失


@婚姻届を提出した時
A婚姻をしなくても事実上婚姻関係になった時(男性と同居・同居がなくとも生活費の援助がある場合)
B受給者又は児童が、年金を受けることができるようになった時
C児童が父が受ける障害基礎年金の加算対象となった時
D児童(受給者)が死亡した時
E児童が児童福祉施設に入所したり、転出などにより受給者が監護または養育しなくなった時
F遺棄、拘禁などの理由で家庭を離れていた児童の父が帰宅した時
Gその他の支給要件に該当しなくなった時
タグ:受給資格

児童扶養手当の体験談


※離婚手続き前に子育て支援課で母子家庭の相談をしてくれます。
※個室でプライバシーの保護されていました。
※担当の方は自分がこれから何をすべきか丁寧に教えてくれます。
※子育て支援課で児童扶養手当の手続きをすると、身上調査のようなものをします。
※これも個室で担当の方がゆっくり説明してくれました。
※子育て支援課へは、1回の手続きに時間はかかりませんが計4回足を運びました。
※認定されると児童扶養証明書が送られてきます。これは今後いろいろな手続きに使いますので大事に保管してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。