児童扶養手当


離婚などで父親と生計を共にしていない母子家庭の母親又は養育者に対し、
生活の安定や児童の福祉の増進を図るため、児童の健やかな成長を願って支給されるものです。

児童扶養手当を手当を受給できる人


次の条件に当てはまる「18歳に達する日以降の最初の3月31日までの児童」を
監護している母親や母に代わってその児童を養育している人です。

・父母が離婚した児童
・父母が死亡した児童
・父母が重度の障害にある自動
・父母の生死が明らかでない児童
・父親が1年以上家を出て連絡がない児童
・父親が1年以上法律により拘禁されている児童
・母親が婚姻によらないで懐胎した児童
・父母ともに不明である児童(孤児など)

児童扶養手当の支給額


対象児童数1人:月額41,710円〜9,850円
対象児童数2人:月額46,710円〜14,850円
対象児童数3人:月額49,710円〜17,850円
(対象児童3人目以降は、児童1人に対し3,000円ずつ加算されます。)
※児童数に応じて支給額が決定されます。
※支給額は請求者・配偶者および扶養義務者の前年の所得によって決定されます。
※所得が一定額以上の場合は手当の支給を受けれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。