浮気


最近の離婚理由が「浮気などの不貞行為」の割合が多くなっています。
相手が浮気をしているのに、証拠を抑えるどころか相手の不貞行為に気付かず、
相手方の思うがままに離婚に応じていることもあるんです。
特に思いあたる事がないのに離婚をせまられた場合は、浮気を疑った方が良いかもしれません。
もし悲しい現実を知ってしまったら、泣き寝入りするようなことはしたくありません。
浮気の証拠は離婚を進める上で最強のカードになることは間違いないのです。
タグ:浮気

疑惑な行為


・家で携帯電話の電源を切るかいつも持ち歩いている
・携帯電話の着信音を消している
・携帯電話の発着信履歴やメールの送受信履歴を削除している
・携帯電話を見せたがらない、常にロックがかかっている
・電話をしても電話にでない
・帰宅時間がいつも遅い
・仕事の付き合いが多い
・休日出勤や外出が多い
・理由を尋ねるとごまかしたり、怒ったりする
・家族との食事や会話が減った
・肌のふれ合いや性交渉を拒否する
タグ:疑惑 行為

疑惑が確信に変わったら


・行動に不審な点がある場合は探偵や興信所に調査を依頼するのがベストです。
・素行や事実関係の調査を素人が行うことは危険です。
・調査を依頼するとそれなりの費用がかかりますが、浮気の証拠はお金を払うだけの価値があります。
・不貞行為の事実を裏付ける証拠や記録があると、今後の協議の進み方や慰謝料請求などかなり有利になります。
・最終的に裁判になった場合、不貞行為の事実を裏付ける証拠や記録を裁判所に提出が必要です。
・相手方に不貞行為があると認められると、慰謝料が高額になる可能性があります。
タグ:確信 疑惑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。