弁護士の法律相談の注意点


・相談には時間制限があるので、要領よく話せるよう事前に相談内容を整理しておく。
・家の財産・収入の明細書など資料を用意して行けば判断の材料となり具体的な話ができます。
・予約日・費用・相談時間などについては事前に電話で連絡をします。

弁護士への費用


・最初に実費と着手金。事件終了時に報酬金を支払います。
・「実費」とは訴状用の印紙代・裁判所に払う切手代・提出書類のコピー代・交通費・電話代などです。
・「着手金」とは事件を最後まで処理してもらうため最初に支払うお金です。
・最終的な勝敗にかかわらず、仮に負けても返還されません。
・「成功報酬」とは最終的に裁判に勝ち解決がうまくいった場合、謝礼として支払うお金です。
・「着手金」「成功報酬」は報酬規定を基準に、事件の内容や難易度等を考慮して決められます。
・離婚の交渉や調停の依頼は着手金、報酬はともに20万円以上50万円以下が標準額です。
・訴訟の依頼は30万円以上60万円以下が標準額です。
・離婚と合わせ慰謝料や財産分与など財産給付の請求を行う場合は、着手金及び報酬金以下の適正な額を加算し請求されます。
・弁護士費用は勝敗にかかわらず自己負担となります。
タグ:弁護士 費用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。