面接交渉権


・離婚や別居で子供と離れて暮らす親が、定期的に子供と会って交流することです。
・面接交渉権を親の当然の権利と思われがちですが、面接交渉権は子供の利益と福祉が最優先です。
・会う事が子供に悪影響を及ぼす場合は、権利があっても面接交渉権は制限されます。
タグ:面接交渉権

面接交渉で決めておく事


・月に何回、年に何回会うかなどの面会の頻度
・面会を行う場所
・面会の時間
・宿泊の有無
・子供の夏休みなどの長期休暇の扱い
・電話や手紙などの連絡方法の手段
・誕生日やクリスマスなど特定日の扱い
・子供の写真や成績表などの成長記録の閲覧
・面会場所までの送迎
・授業参観や運動会など学校行事への参加
・監護者の同行
※面接交渉は漠然と「月1回」などではなくできるだけ具体的に決めておきます。
※トラブル回避のため、話合いで決めた内容は必ず「離婚合意書」又は「公正証書」などにして残します。
タグ:面接交渉

面接交渉を認めない場合


・養育費を支払う義務と経済力があるにも関わらず養育費を支払おうとしない
・刑罰を受けている
・子供や監護者に暴力をふるう
・面接交渉を利用して親権者・監護者の悪口を言う
・勝手に子供と会う
・子供を連れ去ろうとした
・面接交渉の取り決めを守らない
※上記は「面接交渉の制限」とも言います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。