公正証書作成の手数料一覧


・100万円まで5,000円
・200万円まで7,000円
・500万円まで11,000円
・1,000万円まで17,000円
・3,000万円まで23,000円
・5,000万円まで29,000円
・1億円まで43,000円
・3億円まで、5,000万円ごとに13,000円加算
・10億円まで、5,000万円ごとに11,000円加算
・10億円超は、5,000万円ごとに8,000円加算

公正証書の保管


・公証役場は正本1通と謄本1通を交付します。強制執行は正本でなければできないので、
必ず強制執行をする側が正本を受け取り保管します。

公正証書の体験談


※公証人役場には3回足を運びました。
 1回目は必要なものの確認と予約。
 2回目は公正証書の作成の立会い。(所要時間は1時間程度です)
 3回目は公正証書の受取と手数料の支払い。(所要時間は30分程度です)
※離婚届の提出は公正証書を受取ってから行います。
※公正証書には保証人を付けることが可能です。
※保証人は代理人可能ですが、金銭が絡むの事なので出席してもらうことをお勧めします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。