離婚方法と提出書類


・協議離婚:離婚届・氏名が確認できるもの(運転免許証、健康保険証など)
・調停離婚:離婚届・調停調書謄本
・審判離婚:離婚届・審判書謄本・審判確定証明書
・裁判離婚:離婚届・判決書謄本・判決確定証明書
裁判での離婚の場合、判定が確定した日から10日以内に離婚届を出さなくてはなりません。

離婚届の書き方のポイント


@氏名:離婚前の氏名を記入(漢字は戸籍に記載されているもの)
A住所:現在住民登録をしている住所を記入
B本籍=現在の本籍地を記入。筆頭者は夫か妻の名前を記入。
C父母の氏名欄=実の父母の氏名を記入。離婚している場合や死亡している場合も記入します。
D続き柄=長男・長女などを記入。
E離婚の種類=協議離婚・調停・裁判のいずれかににチェックする。
F未成年の子の氏名=どちらが親権を持つかを記入。
G同居の期間=結婚式又は同居を始めた日の早い方を記入。
H別居する前の住所=別居中は同居していた時の住所を記入。
I別居する前の世帯の主な仕事と夫妻の職業=該当箇所にチェック。
J届出人の署名・押印=必ず本人が署名・押印する。
K協議離婚の場合、20歳以上の証人2名に署名・押印をもらう。

離婚届の体験談


※離婚届は提出から手続き完了まで1〜2時間見ておいたほうがいいです。
※手続き完了すると同時に新しい健康保険証を発行してくれます。
※健康保険証には自分が世帯主になっていて「頑張るぞ」と思いますよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。