親権とは


協議離婚では、未成年の子供の親権者を決めなければ離婚届は受理されません。
また離婚理由がどうであれ、親権は母親が圧倒的に有利です。
子供が小さければ尚更です(子供には母親が必要ということです。)
タグ:離活 親権

親権者の条件


・親の監護能力、心身の健全性
・親の居住環境、家庭環境、教育環境
・子供に対する愛情
・子供を育てる意欲
・経済状況
・子供の年齢
・子供の意思
・子供の居住環境、適応性
タグ:親権者

親権者の条件の説明


・経済状況とは収入の大小の比較ではなく、定職があり、子との生活に
不自由しない収入があるか審査されます。
・定職がなく収入が少ない場合でも、親の両親、兄弟などの援助が受けられる場合や、
養育費の金額なども考慮されます。
・妊娠中の母親が離婚した場合子供の親権者は母親になります。
 出産後に話し合って親権者の変更をすることも可能です。
・離婚前に子供を連れて別居し期間が長い場合は、子供が別居後の生活に順応している判断され、
子供と生活をしている親の方に親権が認められることが多いです。
タグ:親権者 条件
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。