財産分与とは


・婚姻期間中に夫婦の協力によって築いた共有財産を分配すること。
・財産分与の請求可能期間は離婚成立後2年間です。
・財産の名義や権利が夫のものになっていたとしても、直接お金を稼いでいなくても、
夫が稼いできた収入は全て「夫婦共有で形成したもの」と判断されます。
タグ:財産分与

財産分与の種類


<清算的財産分与>
・婚姻期間中に協力して築いた財産を夫婦で分配すること。
・財産の名義や権利がどちらか一方のものになっていたとしても可能です。
・財産を築くには夫婦の協力があったと考えられ手います。
・裁判などでは貢献度の割合によって財産分配する方法があります。

<扶養的財産分与>
・離婚により一方が経済的に不利になる場合、扶養的な財産分与を行うことです。
・妻が経済的自立の目処がたつまでの間、生活を保障しなければなりません。
・離婚後に生活が困窮していない場合は、扶養的財産分与の必要はありません。
・請求される側に、扶養できるだけの経済力がない場合は、扶養的財産分与は認められません。

<慰謝料的財産分与>
慰謝料の意味合いで財産分与を行うこと。

対象財産


≪対象になる財産≫
・不動産(土地、建物)
・動産(家財道具、自家用車など)
・現金、預貯金
・有価証券、投資信託
・退職金、年金
・生命保険金
・会員権(ゴルフ場、リゾート施設など)
・債務(借金)
・個人経営の会社の財産

≪対象にならない財産≫
・結婚前に個人で所有していた財産
・結婚前に与えられた財産、家財道具
・相続財産、贈与財産
・個人で使用する日常品(衣類など)
・会社の財産
タグ:財産 対象
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。