裁判離婚とは


・協議離婚が合意できず、家庭裁判所での調停や審判でも離婚が成立しなかった場合、
 離婚訴訟を行い判決を得て離婚する方法です。
・裁判では一方が離婚に合意しなくても、裁判で離婚を認める判決が下されれば法的強制力によって離婚が成立します。
・離婚問題で裁判を起こす夫婦は全体の1%未満です。
・裁判では法定の場で主張を述べ合い、主張を裏付ける証拠を提出したり、証人を申請したりします。
・裁判費用・時間・労力・精神的負担・望み通りの判決が出るとは限らないことも覚悟する必要があります。
・裁判の期間は1年から長くて5年かかることもあります。
・判決が確定したら裁判所に「確定証明書」「謄本」を申請します。
・裁判の確定から10日以内に「確定証明書」「謄本」「離婚届」を届け出ます。
・届け出は裁判を申立てた方が行います。
タグ:裁判離婚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。