審判離婚とは


・調停時に裁判所の判断で下される審判です。
・調停不成立の場合でも公平を考慮し離婚した方が良いと判断され、
 家庭裁判所の審判によって離婚を成立できます。
・審判離婚は、離婚の判断・親権者の決定・慰謝料や養育費の金額などを命じることができます。
タグ:審判離婚

異議申し立て


・不服がある場合は、2週間以内なら審判に対する異議を申立てる事ができます。
・異議の内容は問われません。
・異議を申立てると審判は効力を失います。
・異議の申立ては「審判に対する異議申立書」に署名押印し、審判の謄本を添えて家庭裁判所に提出します。
・2週間以内に夫婦双方から異議申立てがなければ離婚が成立します。
・審判に対する異議の申立ては極めて少ないのが現状です。・不服がある場合は、2週間以内なら審判に対する異議を申立てる事ができます。
・異議の内容は問われません。
・異議を申立てると審判は効力を失います。
・異議の申立ては「審判に対する異議申立書」に署名押印し、審判の謄本を添えて家庭裁判所に提出します。
・2週間以内に夫婦双方から異議申立てがなければ離婚が成立します。
・審判に対する異議の申立ては極めて少ないのが現状です。

離婚が成立した際に必要な書類


・家庭裁判所に「審判確定証明申請書」を提出し、「審判書謄本」「審判確定証明書」の交付の申請を行う。
・審判が成立してから10日以内に「離婚届」「戸籍謄本」「審判書謄本」「審判確定証明書」を
 夫婦の本籍地か申立人の管轄の市区町村役場に提出する。
・本籍地以外の役場に提出する場合は、戸籍謄本も必要です。
タグ:書類 成立 離婚
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。