協議の心構えと体験談


※子供と自分の将来を最優先に考えます。
※できるだけ具体的に、またどんな些細なことも話し合います。
※話し合った内容・相手の意見はその場でメモを取ります。
※自分の要求は曲げてはいけません。
※協議には際必ず第三者を入れます。
※協議の際「これは譲る」と言う箇所を1つは用意しておきます。
※自分の要求が通らない場合、協議は中止し後日に持ち越します。
※次回の協議までに、再度最善策を考え備えます。
※自分の要求に対して質問があった時の返答を用意しておきます。
※要求金額は高めに設定し、交渉に応じられるようにします。
※感情的になってはいけません。淡々と協議します。
※感情的にならないために、相手の顔を見ないようにします。
※絶対に譲れない自分の要求は絶対に曲げてはいけません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。