児童扶養手当を手当を受給できる人


次の条件に当てはまる「18歳に達する日以降の最初の3月31日までの児童」を
監護している母親や母に代わってその児童を養育している人です。

・父母が離婚した児童
・父母が死亡した児童
・父母が重度の障害にある自動
・父母の生死が明らかでない児童
・父親が1年以上家を出て連絡がない児童
・父親が1年以上法律により拘禁されている児童
・母親が婚姻によらないで懐胎した児童
・父母ともに不明である児童(孤児など)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。