離婚後の籍


離婚後の籍について女性の選択肢は3つあります。
@離婚前の戸籍と姓に戻る
A婚姻前の姓に戻り、自分を戸籍筆頭者とした戸籍を新しく作る
B離婚後も婚姻中の姓とし、自分を戸籍筆頭者とした戸籍を新しく作る

≪@の流れ≫
1:市役所で自分が戸籍の筆頭者となる新しい戸籍を作る。
2:家庭裁判所に「子の氏の変更許可の申立書」を提出。
3:家庭裁判所で「許可審判書」が交付されます。
4:市区町村役場に「入籍届」「許可審判書」を提出。

≪Bの流れ≫
1:「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村役場に提出。
2:家庭裁判所に「離婚の際に称していた氏を称する旨の申立書」を提出。
3:家庭裁判所で「子の氏の変更許可審判書謄本」が交付されます。
4:さらに市町村役場で「入籍届」「子の氏の変更許可審判書謄本」を提出。
※3ヶ月を過ぎてしまうと、離婚時の姓に変更することができなくなります。
タグ:離婚後 戸籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。