親権者の条件の説明


・経済状況とは収入の大小の比較ではなく、定職があり、子との生活に
不自由しない収入があるか審査されます。
・定職がなく収入が少ない場合でも、親の両親、兄弟などの援助が受けられる場合や、
養育費の金額なども考慮されます。
・妊娠中の母親が離婚した場合子供の親権者は母親になります。
 出産後に話し合って親権者の変更をすることも可能です。
・離婚前に子供を連れて別居し期間が長い場合は、子供が別居後の生活に順応している判断され、
子供と生活をしている親の方に親権が認められることが多いです。
タグ:親権者 条件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。