異議申し立て


・不服がある場合は、2週間以内なら審判に対する異議を申立てる事ができます。
・異議の内容は問われません。
・異議を申立てると審判は効力を失います。
・異議の申立ては「審判に対する異議申立書」に署名押印し、審判の謄本を添えて家庭裁判所に提出します。
・2週間以内に夫婦双方から異議申立てがなければ離婚が成立します。
・審判に対する異議の申立ては極めて少ないのが現状です。・不服がある場合は、2週間以内なら審判に対する異議を申立てる事ができます。
・異議の内容は問われません。
・異議を申立てると審判は効力を失います。
・異議の申立ては「審判に対する異議申立書」に署名押印し、審判の謄本を添えて家庭裁判所に提出します。
・2週間以内に夫婦双方から異議申立てがなければ離婚が成立します。
・審判に対する異議の申立ては極めて少ないのが現状です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。