調停離婚の内容


・家事裁判官1人・2人以上の家事調停員・申立て人・相手の5人で話合いが進められます。
・現状では家事裁判官が少ないため2人の調停委員が中心に進めます。
・調停は夫と妻を交代で調停室に呼び双方から事情を聞き合意点を探ります。
・申立人と相手が直接話合う事ははありません。
・待合室も別なので双方が顔を合わせることはありません。
・1回の調停時間は30分〜1時間程度です。
・調停委員は男女一名づつで構成されています。
・調停委員は弁護士・専門知識と経験が豊富なカウンセラーなど民間人から選ばれています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118426447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。