調停離婚とは


・夫婦間の話合い離婚がまとまらない場合や相手が話合いに応じない場合、
管轄の家庭裁判所に離婚調停の申立てを行います。
・離婚そのものに限らず慰謝料・養育費・財産分与・親権者・面接交渉など
離婚に関する全ての問題を同時に話合い解決できます。
・夫婦のお互いが合意しなければ離婚は不成立になります。
・申立ては夫婦のどちらかひとりで行うことができます。
・当事者以外の第三者が申立てることはできません。
・調停には裁判のような強制力はありません。
・離婚全体の約9%が調停離婚です。
・離婚前提でなくても、夫婦や家庭の解決し難い問題についても調停で話合うことができます。
・離婚調停の申立てには法律的な離婚理由は必要ありません。
・原則本人同士の話合いのため代理人をたて自分は欠席ということはできません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。